« トップページの写真を3枚更新。 | トップページ | トップページの写真を6枚更新しました! »

2007年5月18日 (金)

魚がなくなる!!

温暖化によって、世界の海水温度、降水パターンが崩れ、
水中の酸素が不足し、魚の成長を妨げ、どんどん減少していく。
魚が減ると、生態系が崩れます。
実際1993年にアラスカ湾では、魚の群れが冷たい水を求めて
より深く海に潜ってしまったため、12万羽の海鳥が餓死しました。
WWFジャパン
どんどんと生態系が崩れていき、密漁や、乱獲によって
この50年の間に、世界の大型魚の約90%は減少したそうです。
40年後には魚が食べられない日が来るそうです。
日本では、スーパーには、沢山の魚たちがいつも並んでいます。
しかし、昔並んでいた魚は、今も並んでいるのでしょうか?

マグロが食べられなくなる、とニュースで騒いでいましたが、
他に食べるものがないわけではないのに、
魚を他の国から奪ってまで食べなくても・・・。
世界の魚たちは過剰に乱獲されているにもかかわらず、
発展途上国の人々は、餓えに苦しんでいる。
やはり、漁の規制を厳しくするなどの対策が必要なのだとは
思いますが、個人個人が出来ることもあると思います。

・食べられる必要な量のみを買う・食べる・注文する。
・食べていい魚を選ぼう。(要勉強)
 これは、密漁により乱獲されている魚、数が激減している魚
 (マゼランアイナメ(銀ムツ)や、メカジキ、クロマグロ、
  フカヒレ(鮫)、毛ガニ、さまざまな淡水魚など)
 を買う・注文するのを控える。
・高級魚ばかり食べないこと。
 これは、高級魚を養殖するために、多くの安い魚が必要なため。
・海を健康な状態に戻すべく、温暖化ストップのために、エコな生活をする。

世界の魚が尽きようとしている中、多くの魚を海外から輸入して、
生活していることを忘れず、感謝の気持ちで
適量を知ることが、必要ですね。

世界の軍事費が一兆ドル(約百六兆円)を超えているそうです。
願わくば、その一兆ドルを使って、平和と、貧富の差と、
地球の健康のために使っていただきたいですね。

Sea_1

|

« トップページの写真を3枚更新。 | トップページ | トップページの写真を6枚更新しました! »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 魚がなくなる!!:

« トップページの写真を3枚更新。 | トップページ | トップページの写真を6枚更新しました! »