« スキー場は雪だらけ! | トップページ | 早くあたたかくなってほしい。 »

2010年3月 3日 (水)

津波

チリで起こった地震による津波が丸1日かけて日本にも。
1日中津波警報がなっていましたが、
日本では大惨事にならなくてほっとしました。

その日は、津波がくると前もって知っていましたので、
午前中は自宅近くの海にいました。
その後、昼前に自宅に避難。

海に囲まれた島国日本ですが、
実際に津波の恐ろしさを体験したことがなく
ちょっと疑問に思うことがあったので、
いろいろ調べてみました。

普通の大きな波と、津波ってそもそもどう違うの?

大きな波は、海面近くの海が風に揺さぶられて
移動にするにつれて大きくなっていき、海岸まで到達して崩れる。

津波は、海底から海面まで、全ての水が同時に移動してきます。
チリから日本まで約1万8000キロメートルを
約時速750kmで移動してくるわけです。
この津波が、水深の浅いところにくると、スピードが遅くなり、
高さのある津波となる、というメカニズムです。

要するに、とてつもないエネルギーの固まりということです。
恐ろしいですね。

チリ周辺では、津波による被害もたくさんあるようです。

日本でもいつ大地震がくるか分かりませんし、
人ごとではありません。。。

1日も早い復興を願います。

|

« スキー場は雪だらけ! | トップページ | 早くあたたかくなってほしい。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 津波:

« スキー場は雪だらけ! | トップページ | 早くあたたかくなってほしい。 »